最近ですが天気予報が当たらない日が多いと思わせていただきます。

天気予報ですがテレビやインターネット、ラジオなど、さまざまなメディアで確認できる便利な世の中になりました。しかしながら、雨の天気予報にもかかわらず雨が降らなかったり、晴れの天気予報なのに曇りだったりと、当たらないことが増えたように思わせていただきます。
なぜ、最近の天気予報は当たらないことがよくあるのでしょうか。いろいろと原因はあるかと思われますが、地球温暖化の影響で異常気象になりやすいのも原因の一つではないでしょうか。
雨の天気予報で傘を持って外出したものの、曇りで傘は必要なかったといった場合ならいいのですが、晴れや曇りの天気予報で傘を持って外出しなかった場合に、雨が降ってくると多くの方が困ると思わせていただきます。
天気予報を確認してから外出しても、当たらなければあまり意味がなかったことになりますので、天気予報が当たる確率が高くなるように気象庁などには、より深い分析をしていただきたいと願わせていただきます。アコム バレずに