東京市場移転問題の早急な結論を望みますね

築地か豊洲かの結論がまだ出ていない東京市場の件ですが,移転をしないという結論は非現実的であり豊洲移転になる可能性は高いでしょう。
政局の手段としてこの問題が使われる事は避けて欲しいと思うので,都知事には是非都議会議員選挙までの決断を願いたいものです。
万が一移転中止となった場合には築地の大規模改修が必要であり,すでに完成している豊洲をどう使っていくのか売却するのかこれまた難題です。
現代はネット社会で様々な業種で卸売業に携わる企業が苦戦したり減ってきています。代理店販売をしていたメーカーも直接エンドユーザーと繋がって取引が始まっています。
農業でも産地直販など市場や農協を通さないビジネススタイルが普及しており,水産物も同様の流れが出来てくるのではと予想されます。
水産物でも市場を通さない業者が出てきており,市場という形態が縮小していくのではという予想もされます。
様々な思惑や利権が絡む東京市場なのでしょうが,未来永劫まで続いていく形態と確信せずに前へ進めて欲しいものですね。

手ぶらバーベキューで手軽に楽しむアウトドア

気が付けば今年も今や6月々。子供たちも上1か月ほどで夏休みに混ざるという結果、これから夏休みの企画を立てようじゃないかと仲間たちと相談していらっしゃる。
ひとつひとつご彼の休日を考慮して小旅立ちにでも、という陳述があったのですが、さすがに旅立ちとなると全員が参加できるものでもなくて。
それなら近舞台で小児も成人も遊べる何かアクティビティーがないか探していた点、耳に入ったのが東京の公園やキャンプ舞台でのお便利バーベキュー。
今は手ぶらバーベキューと言って、器具はフィールドでレンタル出来て食べ物も携帯は勿論、顧客で用意してくれたりするんですね。知りませんでした。
グリルとか始末も無駄と言うのでこれは利用しない方法はありませんね!エリアはまったく検討中ですが、個人的にはレインボーブリッジを眺めながらのバーベキューに興味津々。
食堂や宿屋のご飯もやっぱり素敵ですが、自分と一緒にお肉を焼いてご飯を食べて・・・という進め方がまたおかしいですよね。
最小限のカバンでアウトドアが喜べる手ぶらバーベキュー、今年は頻繁に利用させてもらいそうな第六感だ。すっぽん小町 購入