今日キッズのいない公園が死んだように思える

めっぽう公園には行かなくなりました。
大人になったから明々白々なんだけど、それだけが理由で行かなくなった訳ではありません。
ガラガラから公園がすっごく不気味に感じる。
小さい頃はいかなるちっちゃな公園でも赤ん坊はいたような気がします。
ボールを蹴ったり、縄跳びしたり、カードマッチで遊んでたり。
赤ん坊がいるとアダルトも要るわけで、親だったり、そういったのを眺める近所の年配だったり。

そういった中に入って行くなら大人な私も気兼ねなくベンチに座って眺めたりできるのですが、今はガラガラ。
ガラガラ公園に自力アダルトがベンチに座れません。下手すると報せされてしまう。
大きな公園はまた異なる現実もあるけど、ちっちゃな公園は赤ん坊がいないと他の誰も拒絶する残りになるんだなあとふたたび感じます。
そこで想うのは海外の公園。
前に見たのは公園に行動装備が設置されている界隈がありました。
懸垂用の鉄棒だったり、腹筋するための介助装備だったり。
そういうのがあれば行けるなと思うし、万が一報せされても筋トレしにきたんだと言えるし。
公園作り上げるお客様、そういったのを全国のちっちゃな公園に設置してよ。