地球内部のパッションなどについて修練をしていました

地球などについて練習をしました。一般に、地温は深さとともに徐々に高くなっていきます。こういう兼ね合いを、地中増加温パーセンテージ(地温こう配)といいます。地中30kmまでの地中増加温パーセンテージは、平均して100mにつき2〜3℃そばだ。地中深部の気温は、超高圧下での物体の融点と外敵の要因などから見積もられていらっしゃる。しかし、その推測数量には大きな幅員があります。たとえば、深さ2900km付近の気温は概ね3000〜3700℃だ。地球の内輪は高温であり、温度の低い地表に向かって意気ごみが伝えられます。こういう高温を地殻意気ごみ流量といいます。大陸の中では一般に古くさい安定仕事場集会で意気ごみ流量が小さく、初々しいゆらぎ帯で意気ごみ流量が大きいです。また、海洋領域においては海溝周りで意気ごみ流量がやや小さく、合間海嶺などマントル深部からの大きなUP流の残る領域では意気ごみ流量が大きいです。このようなことを覚えましたが、知らなかったところがそこそこあったので知れて良かったなと思いました。